消費者金融 金利

実はたいしたことがない?金利の実情

消費者金融を利用したことのない人にとって、お金を借りるということはかなり抵抗のあることだと思います。利息が高くて借りたお金以上に沢山のお金を請求されたらどうしよう。私も以前はそう思っていました。でも実際は金利ってそんなに高いものではないんです。

例えばあなたが10万円を年利18%で借入れたとします。そうすると1年間で返さなければいけない金額は10万と利息の1万8000円になります。つまり毎月で考えると1ヶ月あたり1500円の利息がかかります。そしてこの10万円を借りた次の月に完済したとします。すると10万円を借りて最終的に掛かった利息は1500円のはずですよね。たったの1500円ですよ!

そしてこの年利18%という数字は法律で定められている中でも最大の利率です。実際10万円借りようと思うと消費者金融にもよりますが、だいたい4%から高くても15%ぐらいが相場です。

実際に借りたことのない人でもこの安さは伝わるはずです。私も調べてみた当時は目からウロコでした。そして大手消費者金融では更にお徳に借りることのできるサービスがあります。

それは無利息キャンペーンといわれるもです。これは決められた期間内にお金を返済すれば金利が一切かからないというものです。そしてここで消費者金融も会社同士で競争しているわけですから、他所の会社よりも人の集まる、つまりお得なサービスをこぞって行なっているわけです。

これを利用しない手はありません。だって金利ゼロで済むんですよ!その時々で一番期間の長い消費者金融を狙ってお金を借りるようにしましょう。

消費者金融を選ぶ際は金利の安さ、そしてこの無利息キャンペーンの有無も絶対に参考にするべきです。どうせお金を借りるならお得に借りられる方がいいにきまっていますよね。あなたが上手く借りることで金利は限りなくゼロに近づけることができるはずです。




年収がなくても借りられる!?

消費者金融でお金を借りる時、金利というものは借入する金額が小さいと高いのですが、大きくなればなるほど安くなっていきます。しかしその反面、借入れる額が大きいと完済までにかかる期間はどんどん延びていってしまうので一長一短ではあります。

そもそも借入は年収の3分の1までしかできないと法律で定められているので、その金額を超えての借入は通常できません。これを総量規制といい、多重債務者やヤミ金被害者が生まれることを防止する目的で作られた法律です。そしてこの総量規制の適用により収入のない人は原則お金を借りることができなくなりました。

では本当に収入のない人はお金を借りることはできないのでしょうか?

そんなことはありません。実は借りることができるんです。総量規制の適応外である銀行系カードローンなら収入のない方でもお金を借りることができます。もしあなたが無職の人や専業主婦でお金が借りられなくて困っているとしたら是非一度検討してみてください。きっとあなたの力になってくれるはずです。

そしてこの銀行系カードローンなら年収の3分の1を超えた金額を借りることもできます。まとまった金額を借入れたい方も銀行系の会社にアタックしてみるといいかもしれませんね。当サイトでは3社のうち一番下に紹介している所が銀行のカードローンになりますよ。




このページの先頭へ